ショートスリーパーの遺伝子

2022年3月25日   By Danielle Herrera | Ecosa Dream Writers
hd

私たちが正常に機能するためには、一晩に7時間から9時間の睡眠が必要であることは、たくさんの人がすでに知っていると思います。睡眠時間が少ないと、睡眠障害、眠気、生産性の低下、不健康な睡眠行動など、身体的・心理的な問題が発生するリスクがあります。これは、世界中の科学者による長年の研究に基づいて得られた一般的な知識です。

しかし、ナチュラルに睡眠時間が6時間以下の場合はどうでしょうか。短時間睡眠をなのに、睡眠不足の影響を感じないのです。どうでしょうか?その場合、ナチュラルショートスリーパーかもしれません。睡眠時間が短くても元気でいられるのは、最近発見された短時間睡眠遺伝子によるものです。

通常の睡眠はどのようなものか?

現代人は目覚まし時計やコーヒー、薬、深夜の活動などで概日リズムを乱しがちですが、本来人間は7~9時間の睡眠サイクルを持っています。これだけの時間をかけて、体は回復し、再生しているのです。レム睡眠とノンレム睡眠で記憶を定着させ、脳内の神経毒を浄化するのも睡眠中です。十分な睡眠をとることで、生産性が上がり、活力も出て、心身ともに健康になるのです。

短時間睡眠遺伝子とは?

研究の背景

睡眠は何十年も前から研究されています。それは、世界人口のほとんどが睡眠不足に悩まされているという現実があるからです。睡眠研究は、世界の睡眠問題の解決策をもたらすことを目的としています。そのために、カリフォルニア大学サンフランシスコ校ワイル神経科学研究所の神経学教授Ying-Hui Fuと、ユタ大学の神経学名誉教授で睡眠専門家のChris Jonesは、睡眠相前進症候群を調べました。

最初の発見

睡眠相前進症候群の人は、毎晩平均睡眠時間が6.25時間でした。調査した睡眠相前進症候群の人は通常午後7時か8時頃に眠り、午前2時か3時の早い時間に目が覚めます。FuとJonesは、この短時間睡眠に遺伝子が関与していると推論しました。

研究チームはその後、短時間睡眠の原因としてDEC2という遺伝子変異を発見しました。遺伝子変異を受け継がなかった研究対象者の平均睡眠時間は8.06時間でした。この発見は、睡眠を変化させる遺伝子の最初の決定的な証拠となるものでした。しかし、DEC2はまれな突然変異であり、他の遺伝子も短時間睡眠に関与しているようでした。

短時間睡眠遺伝子はもっとある

新しい研究で、FuとLouis Ptáčekは、3世代続けて、生まれつきショートスリーパーである家族を見つけました。しかし、その家族の誰一人としてDEC2を持ってはいませんでした。

遺伝子配列の決定と連鎖解析により、新チームは家族のゲノムを調べました。そして、ADRB1遺伝子とNPSR1遺伝子の2つの遺伝子変異が発見されました。実験室で育てた細胞やマウスを使った実験でも、この伝子変異が確認されました。

細胞実験では、β1アドレナリン受容体であるADRB1遺伝子のタンパク質が、変異体では非変異体より早く分解されていました。この分解は、このタンパク質が通常とは異なる働きをしていることを示唆するものです。受容体は、さまざまな生物学的プロセスで役割を果たしているのです。

一方、マウスでは、睡眠を司る脳幹の領域にADRB1遺伝子が多く存在しています。研究チームは、光遺伝学を用いて、ADRB1に相当する変異を持つマウスを遺伝子操作で誕生させました。その後、マウスに光を集中的に当てました。光は、ADRB1遺伝子を高度に発現している神経細胞を刺激することを狙ったものです。光によって、ネズミは眠りから覚醒しました。このことから、研究チームは、ADRB1遺伝子の変異は、睡眠不足の影響をもたらすことなく、瞬時に目覚め、長時間起きていられる脳を発達させるのに役立つと結論づけました。

短時間睡眠遺伝子の働きとは?

このような遺伝子の変異により、特定の人たちは生まれつき短時間睡眠なのです。しかし、睡眠時間が5時間以下しかない人の生活にとって、その能力はどんな意味を持つのでしょうか。ショートスリーパーとは、どのような人たちなのでしょうか。

FuとPtáčekのチームは、ナチュラルショートスリーパーは野心的な性格であることを発見しました。睡眠時間が短いにもかかわらず、生産性が高く、やろうと思ったことをたくさんやり遂げる傾向があります。実際、この研究に参加した人たちは、熱心なマラソンランナーでした。ある人はバイオリンを作りたいと言って、実際に作ってしまいました。このような野心と生産性を持ちながら、ショートスリーパーは楽観的で外向的な側面も持っています。

同時に、ショートスリーパーは短い睡眠時間にもかかわらず、記憶力もいいのです。この研究の実験に参加したマウスは、活動的で生産性が高く、記憶力に優れているという同じ特徴を示しています。これらの性質は、ショートスリーパーではない人が7~9時間の睡眠をとった後に初めて現れるものです。睡眠の質も高く、脳がより良い睡眠のために必要な各睡眠段階を経ています。ショートスリーパーの遺伝子変異により、少ない睡眠時間で十分な休息がとれるようになっているようです。

しかし、研究者は、上記の性格特性が必ずしもすべてのショートスリーパーに現れるわけではないことも認めています。彼らの推測では、おそらく90〜95%のショートスリーパーがこのような性格的特徴を示すとのことです。逆の性質を持つ人は、ごく少数かもしれません。

短時間睡眠の賜物

短時間睡眠の研究は続いており、睡眠の専門家は短時間睡眠の秘密を解明することを目指しています。この研究が、他の睡眠不足の人たちに役立つような結果をもたらすことを期待しましょう。

ショートスリーパーの方は、本当に恵まれています。 睡眠時間が短くても元気でいられる理由がお分かりいただけたましたか?


Up Next

5人のリーダーの睡眠ルーティーン

2022年3月23日   By Danielle Herrera | Ecosa Dream Writers