5人のリーダーの睡眠ルーティーン

2022年3月23日   By Danielle Herrera | Ecosa Dream Writers
hd

普段寝る前に何をしていますか?夜の習慣でよりよい睡眠に繋がるか、冴えない翌朝を迎えるかが決まります。自分にとって完璧な睡眠前の習慣を身につけることで、質の高い睡眠と生産的な翌日を手に入れることができます。この記事で紹介するリーダーやスターたちのように、自分なりの頼れる夜の習慣をつくってみましょう。

アスリートから国のリーダーまで、疲れを癒し、眠る準備をし、翌日のために計画的な行動をしています。彼らの睡眠スケジュールに共通する要素から、何か一つか二つでも自分に合うものが見つかるかもしれません。

プロアスリート:レブロン・ジェームズ

キング・ジェームズはNBAで20年近く活躍し、史上最高のバスケットボール選手の一人と言われています。練習や試合で体を酷使するレブロン・ジェームズは、十分な睡眠時間を確保するようにしています。彼は1日に平均12時間眠ります。夜に8~9時間眠り、残りの3~4時間は昼寝をするそうです。

睡眠はレブロン・ジェームズにとって回復薬です。回復力を最大限にするために、睡眠環境を自分に最も適したものにします。室温は適温に設定し、光を遮断し、暗い空間をつくります。寝る30〜40分前には、すべての電子機器の電源を切ります。最後に、アプリで葉に降り注ぐ雨の音など、心を落ち着かせる音を流します。この毎晩のルーティンと朝のルーティンを組み合わせることで、NBAのレジェンドはバスケットボールのための最高のコンディションを保っているのです。

人生の達人:オプラ・ウィンフリー

オプラは説明するまでもないと思います。トークショーの司会であるオプラは、夜10時から朝6時の間に眠り、8時間の睡眠をとっています。ワークライフバランスを保つために、瞑想によってすべてのプロジェクトから自分をリセットします。さらに、寝る前にする最後のことは、日記を書くことだそうです。喜びを感じたこと、感謝したことを5つ書き留めるのです。この習慣は、オプラが夢見るものに向かう直前に、心の健康を保ちながら、疲れを癒します。

ビジネスの成功者:イーロン・マスク

“テスラ “や “スペースX “といった企業を立ち上げて以来、イーロン・マスクはビジネス界で人々の口火を切り続けています。 彼の成功は、深夜にしか眠れないという強烈な労働倫理からきています。 仕事が終わったら午前1時に寝て、午前7時に起きるので、睡眠時間は6時間程度ということになります。

夜型人間であるイーロン・マスクは、このルーティンが自分にとってベストだと感じています。
一日中よく働くが、睡眠不足になると、不機嫌になり、生産性が落ちる。夜中の睡眠時間を守る限り、彼は最高の仕事ができるのです。

テックリーダー:ビル・ゲイツ

引退した後も、ビル・ゲイツはテクノロジー界に大きく名を馳せています。マイクロソフトにいたころは、アドレナリンとカフェインを燃料に、よく徹夜をしていました。しかし、引退後は睡眠の大切さを知り、7時間睡眠をとっています。

ビル・ゲイツは眠る前に、必ず本を読むことにしています。少なくとも30分は読んでいるそうです。ビジネス書でも自己啓発本でも、どんな本でも良いそうです。大切なのは、さまざまな情報源を見て、ノウハウを得るだけでなく、仕事や人生における創造性をより高めることなのです。

元アメリカ合衆国大統領:バラク・オバマ

ビル・ゲイツと同じように、元アメリカ大統領は寝る前に30分間読書をします。まだ大統領執務室にいた頃、彼は1日の終わりに数時間、自分自身を集中させるために一人の時間を持つようにしていました。そして、夜中の12時から2時の間に眠りにつきます。翌日は5〜7時間の睡眠後、午前7時に起床します。

成功者たちの共通点とは?

このように、専門家が推奨するような夜の習慣を実践している人もいれば、遅くまで寝ているなどユニークな生活習慣を実践している人もいます。理想的かどうかは別として、ひとつだけはっきりしているのは、今回紹介した人たちは就寝前のルーティーンで睡眠への準備を整えているということです。そして、十分な睡眠をとることで、職場や私生活で最高のパフォーマンスを発揮しているのです。

職場や私生活で最高のパフォーマンスを発揮するために、自分なりの睡眠前のルーティンを習慣づけることができます。読書、日記、瞑想、仕事を切り上げる、何をするにしても、疲れを取り、リラックスし、適切に眠れるようにしなければなりません。十分な睡眠をとることで、今回紹介した人たちと同じように、すっきりと目覚め、仕事や生活への燃料を補給できるはずです。

ハフポストの共同創業者アリアナ・ハフィントン、億万長者でメタ・プラットフォームズのCOOのシェリル・サンドバーグ、Bufferのジョエル・ガスコイン、歌手のマライア・キャリーなど、他にも多くの有名人がどんな夜のルーティンを実践しているかリサーチしてみてはいかがでしょうか。まだまだ他の人から学ぶことも多いでしょうし、試してみることで自分に合ったものを見つけることができるかもしれません。

一日の終わりの過ごし方

夜の習慣は、安眠を魔法のように手助けしてくれるハックではありません。 ルーティーンとは、規則性と繰り返しのことです。 つまり、同じ行動を何度も繰り返さないと効果が出ないということです。 そうして初めて、それが安眠につながるかどうかがわかるのです。 長い時間をかけて、さまざまな夜のルーティーンを試してみてください。 そうすれば、自分にとって本当に効果的な方法を見つけることができます。毎朝起きるたびに、準備万端に整っている自分に気がつくはずです。


Up Next

睡眠は創造力にどのような影響を与えるのか

2022年3月15日   By Clarisa Mcdonald | Ecosa Dream Writers